興信所・探偵社の仕事
興信所・探偵社がおこなう探偵の仕事(浮気調査・素行調査・人探し・盗聴器発見)の紹介サイト
浮気調査

探偵社(興信所)で最も多い調査です。浮気・不倫などを追跡し、確実な証拠を収めるのが目的です。

素行調査

あの人はいま何をしているんだろう?会えない人の近況や日常を張り込み調査でお調べします。

人探し

気になるのは昔の友人、それともネットで知り合った恋人ですか?思い出の人探しや所在調査、失踪調査も探偵はおこないます。

盗聴器発見

探偵が盗聴器を発見・撤去いたします。

調査員の募集や求人
興信所と探偵の違い
 
探偵リンク

興信所と探偵とはどういう違いがあるのか?

探偵を調べていると、興信所の情報も出てくるし、逆に興信所の情報を調べていると探偵の情報に行きあたる。
どちらの情報を読んでいても、調査業であることにはかわりはなさそうだし、扱っている調査にもほとんど違いがない。
「興信所と探偵ってどういう違いがあるんだろう?」と感じる人は少なくないはずです。
現在の興信所と探偵との違いを答えようとすると、「興信所の方が若干料金が安いらしい。」と、とても曖昧な答えになってしまいます。しかし、興信所や探偵が世の中に出てきた頃には、もう少し明確な違いがあったようです。

銀行が出資し、企業の信用調査を行うところとして設立されたのが興信所だといわれています。
銀行が取引を行う際、後々トラブルなどが起こらないかどうか、企業の取引の状況や財務などについての調査を主としており、調査対象が企業が多かったため、興信所だという事を隠すことなく情報収集・調査を行っていました。
一方探偵は個人の信用調査を主に扱っており、調査対象者の素性や財産などの調査を行っていました。個人の情報を集める調査は、現在広く認識されている調査同様、張り込みや尾行を対象者にばれないように、情報の収集・調査を行っていました。

もともと依頼者が企業と個人に分かれていただけで、実際はどちらも同じ調査業。時間の経過とともに住み分けが曖昧になり、現在のように「興信所」「探偵」と呼称だけが残っているのが現実の様です。
実際、「探偵業法」でも探偵社も興信所も扱っている調査内容に大きな違いがなく、2つは同じ探偵業として扱われています。


(C)興信所・探偵社の仕事