興信所・探偵社の仕事
興信所・探偵社がおこなう探偵の仕事(浮気調査・素行調査・人探し・盗聴器発見)の紹介サイト
浮気調査

探偵社(興信所)で最も多い調査です。浮気・不倫などを追跡し、確実な証拠を収めるのが目的です。

素行調査

あの人はいま何をしているんだろう?会えない人の近況や日常を張り込み調査でお調べします。

人探し

気になるのは昔の友人、それともネットで知り合った恋人ですか?思い出の人探しや所在調査、失踪調査も探偵はおこないます。

盗聴器発見

探偵が盗聴器を発見・撤去いたします。

調査員の募集や求人
興信所と探偵の違い
 
探偵リンク

探偵 登頂器発見

盗聴器発見も実は探偵の仕事です。

最近はキーホルダー型の盗聴器発見グッズなどが多く市場に出回っているのですが、
盗聴器発見サイトによると、実際の効果は期待できない結果となっているようです。

普段、このようなものに縁の無い人がテレビやドラマを見ているとコンセントの中に盗聴器が…というのが定番なのかという印象になってしまいがちですが、
最近は身近に持ち歩けるようなアイテムにさえ盗聴器が取り付けられていたりします。

探偵社に来る盗聴の依頼の内容としては、ストーカーに狙われている人から多いのかと思いきや、依頼者の恋人が浮気を心配して…、一人暮らしのしている依頼者だと実家の家族が生活を気にして…という事もありました。

また、探偵社(興信所)に来る盗聴器発見調査には企業からの依頼も多く、
探偵が調査すると実は依頼社の社員の中にライバル社のスパイがいて取り付けていた…
ということもあります。

企業となると調査範囲が広くなる分、取り付けた人が特定できないこともあり
盗聴器発見と盗聴人発見を併用して探偵に依頼する依頼社も少なくはありません。

【盗聴への依頼】
盗聴器発見の調査は探偵が依頼者の家に行く方法が主ですが、
仕掛けられている物が分かっている場合だと探偵社(興信所)に持ち込んでもらうという方法や
依頼者が遠方に住んでいるようであれば探偵社(興信所)に郵送してもらって探偵が調査することも可能です。

【盗聴調査について】
探偵がおこなう盗聴器発見の調査は広帯域受信機を中心にスペクトラムアナライザーやロケーションアナライザーを使って盗聴の電波を感知して調査をします。

【盗聴器発見の必要機材】
<広帯域受信機>
この盗聴器発見器には、ハンディ型と据え置き型の2種類があります。
ハンディ型はアナログ式の盗聴器の一部の電波は検出できますが、周波数の高い盗聴電波には対応できないので、探偵社(興信所)ではこれよりも盗聴電波の範囲が広く検出できる据え置き型を兼用して探偵が盗聴器発見調査に使います。

<スペクトラムアナライザー>
これは電波をグラフ化して表示できる機材です。
広帯域受信機よりも性能が高く、デジタル式の盗聴器の盗聴器発見も可能となります。
平均販売価格が100万円を越えているという事もあり気軽に購入はできませんが
そのぶん探偵の発見力を高めてくれるので、探偵社(興信所)が盗聴発見業を行うのであれば必要な機材です。

他にも探偵社(興信所)ではロケーションアナライザーなどがよく利用されています。


(C)興信所・探偵社の仕事